にっきにき

旅行のこととか、色々。

三連休はどっか行きたい。そうか、マリンワールドだ。

せっかくの三連休なので、大分に家族風呂日帰りツアーを予定していたが、急遽予定変更、福岡の水族館「マリンワールド」へ向かうことにした。

 

f:id:mongolyassan:20170718122317j:image

 

もともと釣りもするし、熱帯魚も飼っていたから魚は好き。

 

【以下、渾身のお魚写真集】

 

▽ネコザメ▽ ずっと寝てた

f:id:mongolyassan:20170718074800j:image

 

メバル▽ カメラの前で止まってみたりと、サービス精神旺盛

f:id:mongolyassan:20170718075651j:image

 

アオリイカ▽ 速い

f:id:mongolyassan:20170718083650j:image

 

んで、今回以前から気になっていた水族館のマスコット的存在

 

f:id:mongolyassan:20170718083658j:image

 

チンアナゴさんのネーミングについてかる〜く調べてみた。

 

なぜこの様な経緯に至ったかというと、今後子供や小学生、ご近所の方に「チンアナゴについて教えてクレオパトラ」と聞かれた時、小学生が喜びそうな御下品な回答しか出来る自身がなかったからである。

 

Wikipediaより引用▽

和名は顔つきが日本犬の狆(ちん)に似ていることからこの名がついた。

英名は「spotted garden eel」で、spottedは斑点のあるという意味で、garden eelは砂底から頭を出す生態が庭の草木が生えることに似ていることから名がついた。

△△

 

そうか、日本犬の狆(ちん)に似てるのか。では、狆(ちん)とはなんぞ。

 

▽以下狆(ちん)▽

 

f:id:mongolyassan:20170718084848j:image

 

狆(ちん)は、日本原産の愛玩犬の1品種。

他の小型犬に比べ、長い日本の歴史の中で独特の飼育がされてきたため、体臭が少なく性格は穏和で物静かな愛玩犬である。狆の名称の由来は「ちいさいいぬ」が「ちいさいぬ」、「ちいぬ」、「ちぬ」とだんだんつまっていき「ちん」になったと云われている。また、『狆』という文字は和製漢字で中国にはなく、屋内で飼う(日本では犬は屋外で飼うものと認識されていた)犬と猫の中間の獣の意味から作られたようである。開国後に各種の洋犬が入ってくるまでは、姿・形に関係なくいわゆる小型犬のことを狆と呼んでいた。庶民には「ちんころ」などと呼ばれていた。

△△

 

なるほど「ちいさいぬ」から「ちん」になったのか。ファミリーマートがファミマになる感じか。

 

まあ、これでスッキリ。子供、小学生、ご近所さんにも対応可能だ。

 

子供が色々分かるようになってきて、初めての水族館だったが、優雅に泳ぐお魚を見て「まんま」とか言っていたのは本能か。