Unique Riot

旅行、イラスト、プログラミング、日常などについて書くです

だざいふ遊園地

台風一過ということで、今日は家族で太宰府の「だざいふ遊園地」へ向かうことにした。

 

だざいふ遊園地を知ったのは、福岡人志という番組で紹介されたことがきっかけ。

 

なんとも言えない昔ながらの雰囲気があり、幼き頃に行ったデパートの屋上にあるようなアトラクションがたくさんあったので、行ってみようということになったのである。

 

■外観です。

f:id:mongolyassan:20170918213527j:plain 

 

入場料は…

・大人1人¥500

・子供1人¥300

フリーパス(約¥2,000)なるものがあったが、そこまで乗らんだろということで、買わなかった。

 

まず、入り口付近にあった正式名称はわからんが、キャラクターのカーに乗った。

これは子供にたまらない1品。

1回¥200。

特にアンパンマンのカーが人気だったような気がする。

 

次も名前はわからんが、ジェットコースターの様なアトラクションを選んだ。

レバーひとつで自分で操作しながら進む、空中散歩のような、スローなジェットコースターといった感じ。

 

■運転席から

f:id:mongolyassan:20170918214636j:plain

 

優雅。

ただ、車間距離に注意した方が良い。

最後の緩い下り坂に突入すると、自分で止めることができなくなる。

 

ブレーキを探してみたが、ナッスィング(´Д⊂ヽ

 

衝突しても大丈夫な仕組みになってるが、衝撃で前の人もびっくりするし、止まらなくなったコチラも焦ってしまうと思うので、気をつけたいところ。

1回1人¥400。

 

次は、ビックリハウス

名前の通り、びっくりする。ってか酔った。

 

うちの2歳の子供はビビって泣いた。

 

上記の内容を楽しみ、退園した。

 

「3アトラクションか、少ねえな」

 

と思ってはいけない。

何事も腹8分目が大事だと思うの。

 

しかし、帰り際にも衝撃のアトラクションが待ち受けていた。

友人か知人か旦那かを撮影している中年のおばさんが、うんこ座りして写真を撮るというダイナミックなフォームを取っていた。

まだそこまでだったらギリ許せたのだが、さらにワンピースを着ていたもんだから、通常見えてはいけない「聖域」が目に飛び込んで来た。

 

男性ならご理解いただけると思うのだが、聖域は「チラ」だから良いのであって、おもクソ見えてしまっては逆に萎えてしまうのだ。

 

ガン見えていたので、「パンガン」と名付けた。

 

f:id:mongolyassan:20170918221546j:plain