無駄

エンジニアになって約2年経ちました。

 

毎日プログラミングすることが楽しみで、思いついたモノをどんどん作っています。質より量。

 

ですが以前の私は

 

人の役に立つものを作らないと

ちゃんとどんなものを作るか決めてやらないと

 

とか考えて、自分で自分に制限をかけていました。知らず知らずの内に。

 

ある時何気にTwitterを見ていたら、藤原麻里菜さんという方の記事を見つけました。

 

その記事には無駄なモノを作る「無駄づくり」に関して色々なことが書いてありました。

 

衝撃を受けまして。結構。かなり。

 

潜在的に無駄なモノを作るまいとしていた、私の心は木端微塵に破壊されたと言っても良いくらい、何か心が軽くなる感じを受けました。

 

小学生や中学生の時に、世の中の役に立つとか、ちゃんとしたものを作ろうとか、そんなこと考えずに、面白そうなものとか楽しそうなものとか、思いついたモノをどんどん作っていたことを思い出しました。

 

無駄は素晴らしい。

 

そんな気持ちで作ったandroidアプリ、HENSYOKU。福岡県内で、私が好きなメニューしか検索してくれないやつです。

 


f:id:mongolyassan:20180213082400j:image